神経外科/内科

脳や脊髄の病気は、その種類によっては突然、激しい症状を起こすことがあります(例えば全身のけいれん、性格の変化、旋回、足を引きずる等)。このような症状は飼い主様にとって非常にショッキングであり、また、病気によっては動物の生命に関わることもあり、なるべく早期に状態を把握して治療を開始してあげたい病気です。
当院ではMRIやCT検査装置を備えており、特に脳や脊髄の疾患に対し、より高水準な診察が可能な環境にあります。
神経科では、身体検査、神経学的検査、血液検査、レントゲン検査などにて心臓病や整形疾患など他疾患の除外を可能な限り行いつつ、上記の高次画像検査や脳脊髄液検査にて脳脊髄疾患の診断を行い、その子に合った治療を提案させて頂きます。
なお、検査内容に関しては飼い主様のご希望に合わせ、ご相談させて頂く事も可能です。 また、かかりつけ動物病院様からの診断のみのご紹介も受付けております。

発作の診断をご希望の方へ

発作の診断・鑑別は複雑かつ難しいものです。飼い主様から得られる情報はとても有用であり、それらが診断の決め手になるケースも多くあります。そのため、以下の質問に事前に回答して頂けたらと思います。また、発作の様子をとらえた動画があれば必ずお持ちください。最大の診断材料になる可能性が高いです。

以下の発作問診票に記入の上、FAXまたは受診当日に飼い主様へ持参いただくようお願いいたします。

記入フォームは此方よりダウンロードをお願いいたします。

当院で対応可能な病気

<脳疾患(頭蓋内疾患)>
脳疾患では、けいれん、意識レベルの変化、旋回、斜頸、眼が揺れる、失明、立てない/歩けない等の症状が起こり得ます。そのような症状を起こす疾患に対しては、てんかん、脳腫瘍、脳炎、脳血管障害(脳梗塞・脳出血)、水頭症、外傷性脳損傷、変性性疾患などの診断・鑑別を行った上で、治療を行います。
<脊髄疾患>
脊髄疾患では、背中の痛みや突然の足の麻痺が特徴の椎間板ヘルニア(頚部、胸腰部)の診断および治療に特に力を入れており、即日の手術にも対応しています。また、脊髄腫瘍、脊髄炎、脊髄梗塞、脊髄空洞症、変性性脊髄症など他の疾患も同様の症状を示すことがあり、それらとの鑑別診断も同時に可能です。
<その他の疾患>
平衡感覚の異常(斜頸や旋回、立てないなどの症状)に対しては、中/内耳炎や小脳疾患の鑑別・診断・治療を行っております。