骨折

創外固定

皮膚にピンを刺し、皮膚の外に固定装置を設置します。プレート固定では治療が難しい細かい骨折や、開放骨折(皮膚から骨が突き出てしまう骨折)など感染が疑われる骨折で使用します。また、プレートやピン固定の補助として併用する場合もあります。当院では従来の創外固定装置だけでなく、チュブラー創外固定という元々人間の指の骨折に使用している装置を利用する事で、小型犬の細かな骨折などにも対応できます。

症例1 橈尺骨骨折
3歳 トイプードル
落下により橈尺骨遠位部骨折が認められました。遠位(手先側)の骨片が小さいため、プレート固定ではスクリューの数が設置できず、強度が不十分であると考え、チュブラー創外固定による整復を行いました。
チュブラー創外固定装置は短いピッチでピンを設置できるので細かい骨片でもピンの数を刺す事ができるため強度も保たれ、装置自体も軽量のため患者の違和感も少なくて済みます。
この症例では術後数週間は軽い包帯を併用しましたが、術後1週間で十分な負重が確認でき、術後2ヶ月でピンを抜き、装置をはずして治療終了としました。

症例2 下顎骨骨折
2歳 マンチカン
左下顎骨骨折が認められました。顎骨のサイズ・折れ方から、小さなプレート(リコンストラクションプレート 1.5mm)しか設置できず、初期の強度が不十分であると考え、一時的な補助としてチュブラー創外固定も併用しました。
猫の下顎のような小さな骨でも装置自体が小さく軽いためそれほど邪魔にならず、口の動きにも影響は最小限でした。
術後一ヶ月で骨反応が認められたので創外固定をはずし、プレートのみとしました。

その他

プレート固定、創外固定以外にも、関節内骨折や成長板骨折、テンションのかかる骨の骨折や指の骨折などでは、髄内ピンやラグスクリュー・テンションバンドワイヤーなどで骨折の整復を行う場合もあります。

症例 踵骨骨折
5ヶ月 キャバリア
落下により踵骨遠位骨折が認められました。
踵骨はアキレス腱により力がかかる事、症例のサイズが小さく成長期でもあった事などから、髄内ピンとワイヤーによるテンションバンドワイヤーによる整復を行いました。
術後はしばらく包帯を巻いていましたが、術後一ヶ月では包帯なしで歩行が可能となりました。

症例 中手骨骨折
三ヶ月 トイプードル
第3〜5の中手骨骨折が認められました。
かなり小さい骨ですが、それぞれの髄腔に0.6mmのキルシュナーワイヤーを通し、アライメントを整え、包帯にて固定しました。
術後一ヶ月で骨の癒合が確認されたのでピンを抜き、6ヶ月で完治しました。