前十字靱帯断裂

関節外法

大腿骨の種子骨と脛骨粗面に開けた穴に人工靭帯を通す事で失った前十字靭帯の代わりをさせて膝を安定させる方法です。
小型犬では主にこの関節外法が適応となります。手術時間も短くすみ、大きな合併症も少ないですが、大型犬の場合には術後ゆるみなどが生じたり、改善までに時間がかかる場合があります。

TTA

関節外法より新しい治療法で、人工靭帯を使う代わりに骨を切り特殊なインプラントで固定する事で膝の構造を変え、膝を力学的に安定化させる方法です。人工靭帯を使用しないため体重の重い大型犬でもゆるみなどが起こらず安定した改善が認められ、関節外法に比べても早期の改善が期待できます。